architect:Takeshi Kobayashi   photographer : Shigeyanagi・etc


 ベンチマーク、グランドライン、通り芯、陸墨(ろくすみ)。
 建築は図面も現場も基準となる、この様なポイントやラインを拠り所として考えられ、造られていく。ほとんどが出来上がると見えなくなる基準だが確かに存在し続ける。この様な目には見えない大切な基準は人の人生にもあると思う。それは家族であったり社会であったり文化であったり。目黒区東山のこの家は、前記した見えない大切な基準、心の拠り所(ベース)を強く意識して設計をした。
 敷地は南西の前面道路に約7.2m接した奥行約18.6mの平坦な土地である。そこに1階RC造・2・3階木造でクライアントのオーダーに応える計画としている。1階は2台分の駐車場とメインアプローチの出入りを考慮して広いピロティー空間を提案しRC造を採用。混構造による間崩れをいたずらに増やすことを避け、シンプルに上下階共通の通り芯(基準)を設定して施工し易さとメリハリの有るゾーニングとなっている。

 計画当初は第一種低層住居専用地域の高さ制限から半地下若しくは地下を設けないとクライアントの希望である部屋数・リビング天井高さ3mに応えられないかと思われたが、効率的なプランニングによりグランドフロアーは地盤面より下げないで成立させることが出来た。また、ファミリークローク・ランドリールーム・大きな倉庫等、家事動線や収納もクライアントと熟考を重ね計画している。さらに、採用したマテリアルもクライアントの人柄が良く表れたタイル・ウッド・ステンレス・鉄・コンクリートと異なる素材を多種採用したが、使用する部位や大きさによってミニマルに感じる空間とし、インテリアを楽しむ事が出来るようにしている。
 見えないが大切な基準。場所、空間、時間によって人の心は変化し続けるが、この家がクライアントの人生において変わらない基準線(ベースライン)となり、心の拠り所になってほしいと考えた家である。

専用住宅
RC+W造・F3
延床:196.72u
東京都目黒区

Copyright KOB All Rights Reserved