architect:Takeshi Kobayashi   photographer : Shigeyanagi・etc


 品川区小山にある小高い丘の西下がりに傾斜した南道路に面した場所に設計した地上3階建ての戸建て住宅である。
 初めて計画地を訪れた時は、古屋が解体された更地で傾斜した南道路から高い部分で2m以上も窪んだ地盤になっていて、隣地建物の圧迫感が際立っていた。しかし、よく観察すると元々の計画地の地盤高さは道路の高い側であった事が伺え、半地下状の1階となるが最上階や屋上は西下がりの地勢から良好な眺望が獲得できる敷地である事が判った。建て主は打ち合わせでリビングを2階にするか、3階にするかの迷いがあったが、エレベーターを設置する事と、アウトドアリビングである屋上とLDKが近いポジションの方が、より豊かで使いやすい住空間になる事を話すと、3階リビングで意気投合する事が出来た。
 私は更に屋上にプレミア感を与える為、眺望や解放感に期待を持って丘を登るような感覚を呼び起こす様に床段差を設け、演出する事にした。そして、この人工的な丘状の屋上をSkip Roof(スキップルーフ)と呼んでいる。

 この床段差は3階リビングの天井高さを高く3m確保する事が出来、LDK空間に西下がりの眺望を心地よく取り込む事を可能にしている。出来上がってみると、もう少しリビングのテレビ面の壁の開口を大きくするべきだったかと感じたが、ちょうど遮っている部分には隣地建物の屋上があり、生活にストレスを与えない事としては成功だと思っている。
 要求された所要室はSIC・納戸・書斎・ゲストルーム・シャワー室・MBR・WIC・子供室・LDKに2台分の駐車場!もちろん洗面脱衣室に浴室。収納もたっぷり。設計者としては途中、限られた面積の中で、これだけのスペースが確保できるか心配になったが、3階リビングというゾーニングが1階、2階の各室においても無理のない、自然な配置にする事が出来ている。
 引っ越しをされて、しばらくしてから撮影に伺った時、屋上には日除けパラソル、家具、BBQグリルまで置かれて「屋上でBBQやりましたよ〜」と嬉しそうに話されたクライアント。空に一番近い屋上空間も生活の一部として身近に感じてくれる事を期待している。

専用住宅
W造・F3
延床:174.97u
東京都品川区

Copyright KOB All Rights Reserved